豚骨ラーメンで有名な「一蘭」のカップ麺を食べた感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

一風堂や山頭火など、有名なラーメン屋のカップ麺はありましたが、これまでに「一蘭」のカップ麺はありませんでした。

ですが、2021年2月15日に、満を持して発売されました!

 

発売開始された直後は生産が追いつかず、全く購入することができませんでしたが、3ヶ月経って やって購入できました(笑)

それでは、一蘭のカップ麺を食べた感想を簡単にレビューしていきます。

発売2ヶ月で、約100万食を突破したみたいです。

 

一蘭のカップ麺を食べた感想

購入金額

イオンで販売されていたので、買ってきました。

購入金額は、490円(税込み)です。

 

中には、「粉末スープ・液体スープ・秘伝のタレ」が入っています。

麺は、「ノンフライ麺」です。

 

見た目

具材が入っていないので、見た目は寂しいです。

匂いは、店舗のラーメンの匂いを弱くした感じです。

 

インスタントの麺なので期待してなかったのですが、店舗で食べる麺に近い感じだったので、美味しかったです。

カップ麺の中では、1番美味しい麺でした!

 

スープ

スープの濃さはお湯を入れる量によって変わりますが、内側の線まで入れても濃い味です。

こってり感は、基本くらいだと思います。

味の方ですが、店舗で食べるラーメンに近い感じだったので、完成度はかなりは高いと思います。

 

天然とんこつラーメン「一蘭」のおみやげを食べた感想はこちらに書いています

 

最後に

文句なしに美味しかったのですが、欠点はカップ麺とは思えない価格ですね。

菊次郎丸は、店舗のラーメンを食べると下痢になってしまいますが、カップ麺は問題ありませんでした(笑)