サントリー・バカルディなどの「モヒート」を飲み比べた感想

こんばんは、菊次郎丸です^^

 

今回は、サントリー・バカルディ・スミノフが販売している「モヒート」を飲み比べた感想を簡単にレビューしていきます。

モヒートとは、キューバ生まれのラムベースのカクテルで、ミントの清々しい香りとライムの爽やかな酸味が特徴です。

 

モヒートを飲んだ感想

サントリー(カクテルツアーズ)

[1b]
ミントの葉を漬け込んだ「ミント浸漬酒」とライムをまるごと漬け込んだ「ライム浸漬酒」の2種類を使用しています。

ミントの爽快さとライムの果実感がしっかりしていて、飲みやすく美味しいです。この3社の中で一番バランスが良かったと思います。

アルコール度数15%
原産国日本
評価[star5.0]
購入価格1045円

 

バカルディ

[2b]
この3社の中で、アルコール度数とミント感が一番強かったですね。ガツンと来る感じが好きな人にオススメです。
アルコール度数18%
原産国ドイツ
評価[star5.0]
購入価格1249円

 

スミノフ

[3b]
サントリー・バカルディと比べると、この中で一番ミント感が弱く感じました。飲みやすいんですが、個人的にはもっとパンチが欲しかったですね。
アルコール度数12%以上13%未満
原産国韓国
評価[star4.5]
購入価格1171円

 

最後に

コカ・コーラが販売している「ザ・タンサン(ライム)」で割ると、バーで飲むモヒートの味に近くなります。

モヒートは、暑い夏に最適なカクテルですね。