日清フーズの「お好み焼き」シリーズを食べてみた

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

今回は、日清フーズが販売している「お好み焼き」シリーズを食べ比べた感想を簡単に書いていきます。

お好み焼きは作るのに手間がかかるので、ワシみたいに1人暮らしの人には、冷凍食品があるのは嬉しいですね。

1人暮らしでお好み焼きを作るとなると、割高になるから助かります。

 

お好み焼きを食べた感想

ふんわりお好み焼き

[1b]
ミニサイズのお好み焼きが4個入っています。ふわふわの生地ですね。かなりエアリーな食感です。

長崎に、お好み焼きを今川焼きみたいにした「いなほ焼き」というのがあるんですが、それに近い感じで美味しかったです。

内容量160g
カロリー237kcal
評価[star4.5]
購入価格165円

 

ぶた玉

[2b]
甘口ソース・かつお節・青のりが入っています。

ふっくらした生地で、焼いた感があっていいですね。残念なのは、豚肉が1枚しか入っていないので寂しいです。もう1枚あればありがたいです

内容量256g
カロリー300kcal
評価[star4.0]
購入価格178円

 

いか玉

[3b]
甘口ソース・かつお節・青のりが入っています。

ぶた玉の豚肉がイカになった商品なので、食感などはぶた玉と同じです。気になるのは、イカが生臭いことですね。

内容量256g
カロリー289kcal
評価[star3.5]
購入価格178円

 

まとめ

日清以外の冷凍食品のお好み焼きで有名なのは、「テーブルマーク」と「かねます」だと思います。

この3社を比較すると、味や食感の違いにあまり大差はなかったですね。

テーブルマークの感想は、こちら に書いています。かねますの感想は、こちら に書いています。