各社の冷凍食品の「チキンライス」を食べ比べた感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

今回は、トップバリュ(イオン)・テーブルマーク・ニチレイ・セブン&アイが販売している冷凍食品の「チキンライス」を食べ比べた感想を簡単にレビューしていきます。

オムレツを乗せれば、簡単にオムライスを作ることもできます。

 

チキンライスを食べた感想

Wチーズのチキンライス(テーブルマーク)

袋のまま電子レンジで温めることができます。

見た目は普通のチキンライスですが、チーズ感はしっかりしているので美味しいです。

欠点は、他の商品よりボリュームが少ないのに、販売価格が同じと言うことですね。

内容量300g
カロリー180kcal(100g当たり)
評価
購入価格248円

 

トマトの酸味と甘みが広がるチキンライス(トップバリュ)

トマト感をあまり感じないので、トマトが苦手な人でも大丈夫だと思います。

甘みが強くコクがあり、美味しかったです。

内容量450g
カロリー160kcal(100g当たり)
評価
購入価格258円

 

完熟トマトのチキンライス(ニチレイ)

トマト感が強いので、酸味のあるチキンライスですね。

トマトが苦手な人にはオススメできないかもしれません。

内容量450g
カロリー173kcal(100g当たり)
評価
購入価格248円

 

バターが香るチキンライス(セブン&アイ)

セブン&アイとマルハニチロの共同開発商品です。

商品名通り、バターのコクを活かしたチキンライスですね。

バター感が強いので、トマト感を求める人にはオススメできません。

内容量400g
カロリー175kcal(100g当たり)
評価
購入価格248円

 

チキンライス(トップバリュ)

袋のまま電子レンジで温めることができます。

ケチャップ味が強いので、ご飯にケチャップをかけただけの味です。

同じトップバリュの「チキンライス(450g)」とは全く別物の味でした。

内容量170g
カロリー284kcal
評価
購入価格98円

 

まとめ

そのままで食べても美味しいのですが、オムレツを乗せてオムライスにしたほうが美味しさがアップします。

トマト感を感じない商品もあるので、トマトが苦手な人でも美味しく食べれると思います。