明治の「板チョコレート」シリーズを食べ比べた感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

今回は、明治が販売している「板チョコレート」シリーズを食べ比べた感想を簡単にレビューしていきます。

明治の板チョコは、1926年から発売しているので、超ロングセラー商品です。

 

板チョコを食べた感想

ハイミルクチョコレート

ハイミルクと言うだけあって、ミルク感満載のチョコレートです。甘さ・ミルク感などのバランスが良く、美味しかったです。
内容量50g
カロリー280kcal
評価
購入価格100円

 

ミルクチョコレート

ほどよいミルク感のあるチョコレートです。オーソドックスな味なので、万人受けする味ですね。
内容量50g
カロリー279kcal
評価
購入価格100円

 

ホワイトチョコレート

ミルク感満載のオーソドックスなホワイトチョコレートですね。少し甘すぎるが欠点かもしれません。
内容量40g
カロリー235kcal
評価
購入価格100円

 

ブラック

ブラックなので苦味がありますが、ほのかにミルク感もあるので食べやすかったです。ビター味が好きな人にオススメです。
内容量50g
カロリー283kcal
評価
購入価格98円

 

ガーナチョコレートを食べ比べた感想はこちらに書いています

 

まとめ

ロッテが販売している「ガーナチョコレート」も有名ですが、発売開始は明治のほうが早いです。

明治チョコレートとガーナチョコレートの味に違いは、あまり感じませんでした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です