亀田製菓の「ハッピーターン」シリーズを食べ比べた感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

今回は、亀田製菓が販売している「ハッピーターン」シリーズを食べ比べた感想を簡単にレビューしていきます。

おいしさの秘密は、表面のパウダーポケットにハッピーパウダーがしっかりキャッチされているので、余すことなくハッピーパウダーを堪能できます。

 

名前の由来

ハッピーターンが開発されていた時期は、第一次オイルショックの影響で、日本中が不景気な状態だったんだって。そこで、文字通り幸せ(ハッピー)がお客様に戻って来る(ターン)ように、願いをこめて新商品に「ハッピーターン」と名付けたんだよ!

 

ハッピーターンを食べた感想

ノーマル

ハッピーターンの代名詞である「ハッピーパウダー」が美味しいですよね。

やっぱり、ノーマルのこの味が一番美味しいです!

1枚食べだすと止まらなくなりますね。

内容量125g
カロリー21kcal(1個当たり)
評価
購入価格156円

 

わさびマヨ

期間限定の商品です。

わさびの辛みはありますが、そんなに鼻にツーンと来ないので食べやすいです。

ハッピーパウダーとわさびの相性が抜群で美味しかったです。

内容量85g
カロリー21kcal(1個当たり)
評価
購入価格156円

 

濃い目のハッピーターン

期間限定の商品です。

ハッピーパウダーが1.5倍のハッピーターンです。1.5倍だけあって、かなりの味の濃さです。

個人的には、ノーマルのほうが良いですね。

内容量87g
カロリー444kcal
評価
購入価格159円

 

えだ豆

期間限定の商品です。

枝豆の風味が少し弱いですね。もう少し枝豆の味を濃くしてくれると文句なしです。

枝豆味なので、ビールのおつまみにオススメです。

内容量85g
カロリー20kcal(1枚当たり)
評価
購入価格128円

 

まとめ

ハッピーターンには、「32g・65g」など様々なサイズがあります。

ハッピーパウダーが、「1.5倍・250%」の商品もあります。